家庭用の脱毛器にはどんな種類があるの?

家庭用の脱毛器ムダ毛の脱毛は大きく分けて自分で処理するか、エステやサロン、病院で施術してもらうかの二つに分類されると思います。肌に負担を掛けずに、痛みもなく楽に済ませたいのであれば当然脱毛エステや脱毛を取り扱っている美容外科に通うところですが、一番のネックはやはり費用面。数か所脱毛するだけでもそれなりの値段がするので、中々足が進みませんよね。それに、人に肌を見せたくない、ムダ毛を見せたくないと思う方も当然ながらいらっしゃると思います。
自分のコンプレックスを人に見られるのってやはり恥ずかしいですし、どうしても物怖じしてしまいますよね。
しかし本格的な脱毛は病院やサロンでしか出来ないのかと言うと、実はそういうわけでもありません。近年、家庭用の脱毛器具がぐんぐんと普及しており、サロンに通うよりも安い価格で手に入れることが出来るようになったのです。
では家庭用の脱毛器具とは一体どんな物を指すのでしょうか。
家庭用の脱毛器具は大きく分けて二種類あります。レーザー式の脱毛器具と、フラッシュ式の脱毛器具です。レーザー式もフラッシュ型も元々は脱毛サロンや脱毛エステで使われている物と同じ仕組みを搭載した脱毛器具なので、文字通り脱毛サロンと同じ方法で、自宅で簡単に脱毛をすることが出来るんです。
レーザー式は聞いたことがある方もいるかもしれません。レーザーでムダ毛の毛根を焼き、毛の細胞を破壊する仕組みの脱毛器具です。
それに対してフラッシュ式はムダ毛の箇所に光を照射し毛根を弱らせ、自然に抜け落とす仕組みになっています。
二種類存在するこの脱毛器具、どちらにもメリットがありデメリットもあります。まずレーザー式は何度でも使えるけれど、個人によって痛みがある場合もあります。フラッシュ式は痛みはほとんどありませんが、カートリッジ式なので、定期的にカートリッジを交換しなくてはいけません。どちらも一長一短なので、自分の好みやお財布と相談しながら考えてみて下さい。また、最近の脱毛器具はデザインにもこだわっており、可愛いデザインの脱毛器具もたくさんあります。
そして何より注意したいことが一つあります。それは取り扱いに気を付けることです。いくら家庭用に販売されている脱毛器具とはいえ、機能は脱毛サロンやエステでも使われているものです。扱い方を一つ間違えると肌荒れや火傷に繋がる可能性もあります。自宅で自分で気軽に使えるからこそ、購入の際は説明書をしっかりと熟読して正しく使いたいですね。